ご近所、親しい友人への入学祝いのお返し

ご近所、親しい友人への入学祝いのお返し

「入学祝い」は親族や会社の上司などからだけではなく、ご近所や親しい友人からももらうこともあると思います。 しかし入学祝いというのは、基本的にお返しは必要ありませんが、やはりもらいっぱなしなのも失礼にあたるので、子供から直接、あるいは電話や手紙などでお礼の言葉を伝えるようにし、その後に改めて親からもお礼状を書くようにしましょう。 毎日のように顔を会わせているご近所であるだけに言葉や文書だけでは、ちょっと体裁が悪いと思う場合や、とても親しい友人なだけにお礼の気持ちだけでなく日頃お世話になっている感謝の気持ちもこめてもう少し何か付け加えて贈り物をしたいと思う場合は、何か形ある贈り物をしてあげるとよいでしょう。 ご近所や友人だと、親族と違い入学祝いの相場はそれほど高くはないと思いますので、お返しもそれなりで良いと思います。 さて、そこで「何を贈ったらよいか?」という問題がここでも浮上しますが、一番手っ取り早いのはカタログギフトですが、親族などと違って、れほどかしこまった贈り物をする必要はないと思います。 普段あげているような物でも全然構いませんし、気軽に受け取ってもらえるような物を贈りましょう。 例えば手作りお菓子、手作り料理(お惣菜、漬物など)、家にたくさんあった果物や野菜などを贈るのはどうでしょうか。 いつもあげている物かもしれませんが、何も贈らないよりかは絶対に良いかと思います。 「たくさん作りすぎちゃったので・・・」とか「たくさんもらったのでおすそ分けですが・・・」とか「自家製なので美味しいかどうかわかりませんが・・・」などといった言葉をつけて贈れば相手側も受け取りやすいでしょうし、遠慮なく気持ちよく受け取ることができると思います。 親しい友人ならば、特にこういった贈り物を大変喜ばれると思います。 ご近所さんにしても、こういう心のこもった贈り物のほうがもらって嬉しいし、今後も温かいおつきあいをしていきたいと改めて思ってくれることでしょう。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのマナー

入学祝いの礼状のマナー

入学祝いの礼状のマナー

入学祝いの礼状などあらたまったお礼やご挨拶は、きちんと手紙を書くのがマナーです。

ハガキはあくまでも略式なので、目上の人への入学祝いの礼状は、手紙にするのがマナーです。
しかし目上の人だけでなく、入学祝いをいただいた方全員に手紙でお礼を伝えるようにしたいものです。せっかく心温まるステキな贈り物を贈ってくださったのですから、お金にしろ品物にしろ、それらを用意するということは時間的にも経済的にも大変なことです。
ぜひいただいた方全員に丁寧に手紙でお礼を伝えましょう。手紙を出して悪いということは一切ありません。

入学祝いの礼状というと、つい「手紙は苦手」といって逃げ腰になりがちですが、あまりかしこまって力を入れすぎる必要はありません。
基本的なマナーさえ守れば、あとは素直に自分の気持ちを文章にすればよいだけです。長く書く必要はありません。ポイントさえ押さておけば、短くても構いません。

そこで、入学祝いの礼状を書く際のポイントをご紹介します。
まず、贈り物をいただいたら極力早く礼状を出すようにしましょう。早くお礼の気持ちを伝えることで、相手も「お祝いを贈ってよかった」「喜んでくれているようでうれしい」という気持ちになります。逆にお礼が遅くなれば遅くなるほど、贈った側が「あまり喜んでないのかも・・・」「迷惑だっただろうか」と不安になってしまいます。

そして手紙の内容ですが、手紙には色々書きたいこともあると思いますが、お礼の気持ちを最初にきちんと述べておきましょう。
また入学祝いをもらった本人が喜んでいたという様子も必ず伝えましょう。
最後に名前は親だけでなく、子供の名前も忘れないようにしましょう。

封筒に手紙を入れて、封を閉じたら、合わせ目に「〆」と書きます。
よく忘れられがちですが、投函日も封筒に書いておいたほうがよいでしょう。裏面の差出人住所、氏名の左上あたり記入しておくとよいです。

入学祝いの礼状というと、つい苦手といって逃げ腰になりがちですが、あまりかしこまって力を入れすぎる必要はありません。
基本的なマナーさえ守れば、あとは素直に自分の気持ちを文章にすればよいだけです。
長く書く必要はありません。ポイントさえ押さておけば、短くても構わないのです。
ただ、お礼と感謝の気持ちだけは、くれぐれも忘れないようにして、オリジナルのステキな入学祝いの礼状を書いて下さいね。
心をこめて書けば、意識せずとも自然ときちんとしたお礼状になりますよ。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのマナー

入学祝いのメッセージを手紙で

入学祝いのメッセージを手紙で

入学祝いのメッセージを手紙にして贈る場合の基本マナーについてご紹介します。 まず、「ハガキ」で送るか「封書」で送るかで迷う場合があると思いますが、ハガキはカジュアルな手紙と考えて下さい。 したがって目上の方のお子さんや自分と子供がお世話になった方のお子さんなどに対する入学祝いのメッセージは、「封書」による手紙でお祝いの気持ちを伝えましょう。 また、ハガキは第三者の目に触れるますので、あまりおすすめできません。気が知れた親しい友人など、お互いにハガキでお祝いの気持ちを伝えあっても気分を害さない仲であればハガキでも大丈夫だと思いますが・・・。 さて、次は手紙の内容を手書きにするかパソコンで打つか・・・と迷う方もいると思います。 やはり手紙の場合は手書きで書くのがマナーです。特にお礼状に関しては、手書きにしたいものですよね。丁寧に書けば気持ちはちゃんと伝わります。手書きの文字には温かみがあり、心から入学を喜んでくれてるんだと感じてもらえます。 そしてどんな短い文章でも、気持ち込めて書けば、受け取った本人にとっては世界に一つのステキな入学祝いの手紙となること間違いありません。 そして縦書きか横書きかの問題もありますが、便箋も封筒も縦書きが基本です。横書きはカジュアルな軽い感じに受けとめられるので、目上の人や高齢者に送るときは必ず注意するようにしましょう。 便箋の選び方は、慶弔の手紙や目上の人、身分や家柄、礼儀や作法を重んじるようなケースでの手紙には、罫線のない白い無地の便箋を使うのが正式なマナーです。 したがって入学祝いの手紙を書く場合は、迷うことなく罫線のない白い無地の便箋を使って下さい。 そして封筒の選び方ですが、茶封筒ではなく白無地の封筒を使用するのがマナーです。 茶封筒は仕事などの事務的処理などに使用されることが多いため、お祝いの手紙での使用には向きません。清潔感のある見た目も良い白い封筒にしましょう。 また、白い封筒の中でも裏紙のついた二重封筒と一重の封筒とがありますが、二重封筒の方が丁寧で、かしこまった感じがします。 入学祝いの手紙に一重の封筒を使用しても二重の封筒を使用しても何の問題はありませんが、二重にしておいたほうが無難です。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのマナー

入学祝いの手紙や礼状の書き方

入学祝いの手紙や礼状の書き方

最近は、携帯電話や電子メールが広く普及し便利になった分、手紙を書く機会が減り、いざ手紙を書くとなると、書くのが面倒になったり、今まで以上に苦手になったという人がたくさんいるのではないでしょうか。
または、手紙を書いてみようという気持ちはあるけれど、正式な書き方がわからないから書かないとか、途中で投げ出したくなったりしていませんか。
しかし入学祝いを頂いた以上は、やはりきちんと礼状を書き、マナーを守るのが大人としての常識です。
今後も入学祝いを頂く機会はあると思いますし、逆に入学祝いを贈る機会も多々出てくると思います。
その際、入学祝いの礼状やお祝いの手紙を書くことで困ったりしないよう基本的な手紙の構成について学んでおきましょう。
最近は「挨拶状文例集」などの本がたくさん売られているので、一冊持っていると便利ですよ。

手紙の構成
1.前文

◆頭語
書き始めの言葉です。
「拝啓」「謹啓」などを使います。
「前略」は前文を省略する時に使うものなので、目上の人には使わないように注意しましょう。

◆時候の挨拶
季節感を表す言葉を書きますが、自分の言葉で表現するようにしましょう。
頭語の下に一字空けて書きます。(行は変えません)

◆安否の挨拶
相手の安否を尋ねます。
入学祝いなどのお礼やご無沙汰していることに対するお詫びなども述べます。

2.注文

◆起語
「さて」「ところで」など前文と本文とのつながりが自然になる言葉を書きます。
改行して一字下げてから書きます。

◆本文
手紙の骨格部です。
用件やお礼の気持ちをしっかりと伝えましょう。

3.末文

◆結びの挨拶
「取りいそぎ」「ご報告まで」など本文を締めくくる言葉を書きます。
改行して一字下げてから書きます。

◆結語
止めの言葉で頭語と対応する言葉を書きます。
頭語を「拝啓」「謹啓」としたら、結語は「敬具」
行末よる一字上げて入れます。

4.後付け

◆日付
月日を書きます。
改行してから本文よる2?3字下げて書きます。

◆差出人名
フルネームで書きます。
代筆の場合は、本人の氏名を書き、その左に小さめに「代 ○○」と書き、妻が夫の代筆をする場合は「内 ○○」と名前だけ書きます。
改行してから書きます。

◆宛名
一般的には相手の名前+様で書きます。
改行してから書きます。

5.副文

副文を入れる場合は「追伸」「二伸」などの言葉の後に、2?3行でまとめて書きます。
改行して本文よる2〜3字下げてから書きます。

posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのマナー

入学祝いの「のし袋」

入学祝いの「のし袋」

入学祝いでお祝い金を包む時、「のし(熨斗)袋」を使うのが基本です。

のしの正式名称は「のしあわび」といわれ、あわびは古来からとても美味しく食用として使用されていました。
乾燥すると保存食になり、とても貴重だったので、食料の贈り物として利用されるようになり、しかも貴重品であるがために高級贈答品となりました。
あわびを保存食にする時の「伸す」作業から、今の「のし」という言葉が生まれたといわれています。
そしてそれが形式化して贈り物のしるしとなり、その後飾りへと変化していき、のしを添える習慣が根付いたそうです。

お金を贈る時には和紙に水引、のしをつけた特別の封筒(袋)を使います。それはのし袋(金封)と呼ばれています。
お金はのし袋に入れて表書きさえすれば終わりという簡単な作業ですが、基本の包み方があります。
これをマスターすればとても簡単な作業ですし、日本社会でのお付き合いの場で恥ずかしい思いをすることもありません。
とても役立つことなので、しっかりと基本を覚えておきましょう。

【のし袋の準備の基本】
1.外包の折り方
中包みを線の中央に置き、まず左を折り、次に右を折り、下側を上側にかぶせます。

2.表書き
毛筆や筆ペンを使って「入学御祝」などと書きます。

3.中袋の書き方
中袋がついている場合とそうでない場合があります。
ついている場合、中袋に金額、住所、氏名を書きます。

4.水引
水引は「蝶結び」を使います。
この紅白や金銀の「蝶結び」は、何度も繰り返してよい一般的なお祝い事やお礼に使います。
(「結びきり」もありますが、これは二度と繰り返してはいけない結婚や弔事、全快祝いなどに使うので、間違えないよう注意しましょう。)

このように基本さえおさえておけば何にも考える必要はありません。
あとは一つ一つの作業に相手への思いやりを込めて、丁寧に入学祝いの用意をしましょう。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのマナー

入学祝いの相場って?

入学祝いの相場って?

入学祝いを贈る時、一番迷うのが「送る相手によってはどのくらいのお祝い金を贈ればよいのか」「どのくらいの値段のお祝いの品を贈ればよいのか」ということですよね。

ここでは一般的な相場に関してご紹介しますね。

幼稚園入園の場合は、身内でレストランや家でオードブルなどを注文したり、両親や祖父母の手料理などでお祝いすることが多いようですが、小学校以上の入学となると、食事だけではなくお祝い金やお祝い品を贈るのが一般的のようです。
しかし例外として、相手側が親しい友人の場合は食事会などを催してあげていることもあるようです。
しかしこの場合、お互いに納得した上で行うことが多いので、自分だけで決めず相手側に相談して決めてから行うことをお勧めします。


知人の場合、その関係の度合いによって様々ですが、一般的に3千円〜1万円くらいのようです。

「それほど深い関係ではないけど入学祝いくらいは贈っておかなければ・・・」という感じであったり、「ご近所さんだし・・・」という関係上でのお祝いなどであれば3千円程度で良いと思います。

気が知れたつながりの深い友人なら、5千円程度で十分でしょう。

大変お世話になっていて、今までお世話になった分を感謝を込めてお返ししたい!と思う場合は、1万円でもそれ以上でも好きなだけ贈りましょう。


さて、一番悩む身内や親類に贈る入学祝いですが、品物よりも現金で贈ることが多いようです。
相場はというと、小学校入学で5千円〜1万円、中学校入学で1万円、高校入学で1万円、大学入学で1万円程度が一般的なようです。

身内など親類同士では、以前から慣習や取り決めなどがあるところもあると思いますので、そのような場合はそれに習って入学祝いを贈りましょう。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのマナー

入学祝いはどの範囲まで贈る?

入学祝いはどの範囲まで贈る?

「入学」や「進学」は、人生や成長の節目となる子供にとっての大イベント。子供が社会へ羽ばたくステップですよね。
知人の子供でなら、ぜひお祝いしてあげたいものです。

さて、その「入学祝い」というのは、どの範囲まであげたらよいのか?と迷う方も多いのではないでしょうか。
孫や親戚などの身内、とても親しくしている友人であれば迷うことなくお祝いしてあげたいことでしょう。
しかし一番迷うのは、仕事関係の知人や浅い関係の知人の子供などだと思われます。

仕事関係などの知人側への入学祝いは、逆に相手に気を使わせてしまうことにもなるので、贈らないほうが無難な場合もあります。
相手側とのつながりや関係の深さをよく考えた上、お祝いするようにしましょう。
また、迷ったら必ず同僚や先輩などに相談してみましょう。何も知らずに自分だけが贈ったら、その後周りの視線が急に冷たくなったり、職場での自分が置かれている状況がガラッと変わってしまう可能性もあります・・・。


浅い関係の知人側へのお祝いは、今後のことなどつい余計なことまで深く考え込んでしまう一番の悩みどころなのではないでしょうか?
贈ったことにより決してその行為が悪になるということはありませんが、贈られた側としては「なぜ、うちに?」などと疑問に感じたり、ありがた迷惑に思ったり、逆に気を使わせてしまったりすることもあります。

また、その人に贈ったことにより、更にまた違う浅い関係の知人にまで贈らなければいけなくなってしまい、再び相手側に不愉快な思いをさせるなどと悪循環になることもあります。
このような知人に関しては、周りの知人、先輩や身内などに相談し決めましょう。

どうしても迷ってしまい決められなければ、相手側の負担にならないような物を贈るのはどうでしょうか。例えば手作りの物、手作りお菓子、手作り料理、家にたくさんあった果物や野菜など。後々のことを考えると何も贈らないよりかはいいかもしれません。
また金や品物など高価な物を贈るより、お返しのことなど気にしなくてもいい上記のようなお手軽で気軽な物が一番無難でしょう。
「たくさん作り過ぎたので」とか「たくさんいただいたのでおすそ分けですが・・・」などといった言葉をつけて贈ればきっと、相手側も受け取りやすいでしょうし、遠慮なく気持ちよく受け取ることができると思います。

お祝いを贈る相手を判断するのは本当に大変ですよね。贈る品を選ぶよりも大変なことかもしれません(笑)
しかしながら、入学祝いというものは本来、新たなる社会へとステップアップする子供たちへの祝福と共に、新たなる環境や集団生活の変化に不安を感じる子供たちへ、エールの代わりに贈るものです。
そのような気持ちを贈ってあげたい相手にだけ贈るのが本当の趣旨かもしれません。

入学祝いを贈る前に、もう一度よく考えて贈るようにしましょうね。
posted by pikapika at 10:57 | 入学祝いのマナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。