ご近所、親しい友人への入学祝いのお返し

ご近所、親しい友人への入学祝いのお返し

「入学祝い」は親族や会社の上司などからだけではなく、ご近所や親しい友人からももらうこともあると思います。 しかし入学祝いというのは、基本的にお返しは必要ありませんが、やはりもらいっぱなしなのも失礼にあたるので、子供から直接、あるいは電話や手紙などでお礼の言葉を伝えるようにし、その後に改めて親からもお礼状を書くようにしましょう。 毎日のように顔を会わせているご近所であるだけに言葉や文書だけでは、ちょっと体裁が悪いと思う場合や、とても親しい友人なだけにお礼の気持ちだけでなく日頃お世話になっている感謝の気持ちもこめてもう少し何か付け加えて贈り物をしたいと思う場合は、何か形ある贈り物をしてあげるとよいでしょう。 ご近所や友人だと、親族と違い入学祝いの相場はそれほど高くはないと思いますので、お返しもそれなりで良いと思います。 さて、そこで「何を贈ったらよいか?」という問題がここでも浮上しますが、一番手っ取り早いのはカタログギフトですが、親族などと違って、れほどかしこまった贈り物をする必要はないと思います。 普段あげているような物でも全然構いませんし、気軽に受け取ってもらえるような物を贈りましょう。 例えば手作りお菓子、手作り料理(お惣菜、漬物など)、家にたくさんあった果物や野菜などを贈るのはどうでしょうか。 いつもあげている物かもしれませんが、何も贈らないよりかは絶対に良いかと思います。 「たくさん作りすぎちゃったので・・・」とか「たくさんもらったのでおすそ分けですが・・・」とか「自家製なので美味しいかどうかわかりませんが・・・」などといった言葉をつけて贈れば相手側も受け取りやすいでしょうし、遠慮なく気持ちよく受け取ることができると思います。 親しい友人ならば、特にこういった贈り物を大変喜ばれると思います。 ご近所さんにしても、こういう心のこもった贈り物のほうがもらって嬉しいし、今後も温かいおつきあいをしていきたいと改めて思ってくれることでしょう。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのマナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。