会社の上司への入学祝いのお返し

会社の上司への入学祝いのお返し

「入学祝い」のお返しは、本来は子供にお礼の言葉を伝えさせ、後ほど改めて親の方からお礼状を出す程度で良いのですが、会社の上司などから入学祝いを頂いた場合は、全く何もしないというわけにはいかないと思います。

また親族と違い、昔からの慣習や取り決めもないでしょうし、地域独特の風習などもないでしょうし(同じ地域に住んでいる場合は別ですが)、会社での立場や関係もあるでしょうし、あげた・もらった・あげてない・もらってないなどと後でギクシャクした人間関係にもならないように、やはり何らかの形でお礼をした方が良いでしょう。

会社の上司でも普段から家族づきあいがあり、プライベートでは友人のような親しいつきあいをしている場合は、菓子折りにお礼状を添える程度でも良いかと思います。

しかし家族づきあいもなく、入学祝いを頂いた子供自身も知らない会社づきあいのみの上司であるならば、やはり頂いたお祝いの半額〜3分の1程度に相当する金額の贈り物を選ぶと良いでしょう。

そこで問題なのは、何を贈るかということだと思います。
あまり親しくないので、どういった物が好みなのか当然、わからないことでしょう。その場合は、やはりカタログギフトが一番最適な贈り物だと思います。

最近は、カタログギフトが大人気で、お返しというとカタログギフトといった感じの人が多いです。
それだけにありきたりの物になりつつありますが、色々考えてもやはりこれが一番無難だと思います。
自分の好みで品物を選べて、使い道に困るだとか、色があまり好きではないだとか、せっかくあんなにお祝いを包んだのにだとか、気分を悪くするようなことを思われることもありません。
そしてまた会社での関係もギクシャクすることはないでしょうから、これが一番良い贈り物だと思います。

受け取って喜んでいる相手の顔を想像しながら真心を込めて選んであげましょう。きっとその思いは伝わるはずです。



posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのお返し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。