入学祝いのお返しについて

入学祝いのお返しについて

入学祝いを頂くのはとてもうれしいことなのですが、その反面「お祝い返し」について頭を悩ます方は多いのではないでしょうか? 入学祝いというのは、収入のない子供に対して贈られる物ですから、基本的にお返しは必要ありません。 元々「内祝い」というのは、家の中でのお祝い事を、お赤飯やお餅を今までお世話になった方へ配ることによって伝えるという昔からの風習を由来としています。 このように喜びを周りの人々と分かち合うことが本来の目的であって、お祝いを頂いたかどうかなどは関係ありません。 親しい人やお世話になった人に無償で贈るものなのです。 しかしもらいっぱなしではやはり失礼になりますので、子供から直接、または電話や手紙などでお礼の言葉を伝えるようにしましょう。 そしてその後、親からもお礼状を書くようにしましょう。 ただお返しは必要ないといっても、やはり親族間の習慣上であったり、子供と顔見知りではないけれど親同士の関係上であったり、高額の入学祝いを頂いたりした場合はどうしてもお返しを贈らなくてはならないということもあると思います。 そのような場合は、子供の名前で「のし」をつけ、水引きは白赤の蝶結びのものを使用し、表書きは上段が「内祝」、下段は子供の名前にしてお返しをするようにします。。 お祝い返しをきちんとする場合の相場は「半返し」が一般的といわれていますが、あまりこだわらずに頂いたお祝いの半額〜3分の1くらいの金額に相当するものを贈るとよいでしょう。 品物を選んで贈るのも良いですが、最近はカタログギフトが人気があるようです。 人それぞれおかれている立場や環境は違うと思いますので、親族間の慣習、住んでいる地域の風習や頂いた人との関係のことなどもよく考えて慎重に対応しましょう。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのお返し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。