ご近所、親しい友人への入学祝いのお返し

ご近所、親しい友人への入学祝いのお返し

「入学祝い」は親族や会社の上司などからだけではなく、ご近所や親しい友人からももらうこともあると思います。 しかし入学祝いというのは、基本的にお返しは必要ありませんが、やはりもらいっぱなしなのも失礼にあたるので、子供から直接、あるいは電話や手紙などでお礼の言葉を伝えるようにし、その後に改めて親からもお礼状を書くようにしましょう。 毎日のように顔を会わせているご近所であるだけに言葉や文書だけでは、ちょっと体裁が悪いと思う場合や、とても親しい友人なだけにお礼の気持ちだけでなく日頃お世話になっている感謝の気持ちもこめてもう少し何か付け加えて贈り物をしたいと思う場合は、何か形ある贈り物をしてあげるとよいでしょう。 ご近所や友人だと、親族と違い入学祝いの相場はそれほど高くはないと思いますので、お返しもそれなりで良いと思います。 さて、そこで「何を贈ったらよいか?」という問題がここでも浮上しますが、一番手っ取り早いのはカタログギフトですが、親族などと違って、れほどかしこまった贈り物をする必要はないと思います。 普段あげているような物でも全然構いませんし、気軽に受け取ってもらえるような物を贈りましょう。 例えば手作りお菓子、手作り料理(お惣菜、漬物など)、家にたくさんあった果物や野菜などを贈るのはどうでしょうか。 いつもあげている物かもしれませんが、何も贈らないよりかは絶対に良いかと思います。 「たくさん作りすぎちゃったので・・・」とか「たくさんもらったのでおすそ分けですが・・・」とか「自家製なので美味しいかどうかわかりませんが・・・」などといった言葉をつけて贈れば相手側も受け取りやすいでしょうし、遠慮なく気持ちよく受け取ることができると思います。 親しい友人ならば、特にこういった贈り物を大変喜ばれると思います。 ご近所さんにしても、こういう心のこもった贈り物のほうがもらって嬉しいし、今後も温かいおつきあいをしていきたいと改めて思ってくれることでしょう。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのマナー

会社の上司への入学祝いのお返し

会社の上司への入学祝いのお返し

「入学祝い」のお返しは、本来は子供にお礼の言葉を伝えさせ、後ほど改めて親の方からお礼状を出す程度で良いのですが、会社の上司などから入学祝いを頂いた場合は、全く何もしないというわけにはいかないと思います。

また親族と違い、昔からの慣習や取り決めもないでしょうし、地域独特の風習などもないでしょうし(同じ地域に住んでいる場合は別ですが)、会社での立場や関係もあるでしょうし、あげた・もらった・あげてない・もらってないなどと後でギクシャクした人間関係にもならないように、やはり何らかの形でお礼をした方が良いでしょう。

会社の上司でも普段から家族づきあいがあり、プライベートでは友人のような親しいつきあいをしている場合は、菓子折りにお礼状を添える程度でも良いかと思います。

しかし家族づきあいもなく、入学祝いを頂いた子供自身も知らない会社づきあいのみの上司であるならば、やはり頂いたお祝いの半額〜3分の1程度に相当する金額の贈り物を選ぶと良いでしょう。

そこで問題なのは、何を贈るかということだと思います。
あまり親しくないので、どういった物が好みなのか当然、わからないことでしょう。その場合は、やはりカタログギフトが一番最適な贈り物だと思います。

最近は、カタログギフトが大人気で、お返しというとカタログギフトといった感じの人が多いです。
それだけにありきたりの物になりつつありますが、色々考えてもやはりこれが一番無難だと思います。
自分の好みで品物を選べて、使い道に困るだとか、色があまり好きではないだとか、せっかくあんなにお祝いを包んだのにだとか、気分を悪くするようなことを思われることもありません。
そしてまた会社での関係もギクシャクすることはないでしょうから、これが一番良い贈り物だと思います。

受け取って喜んでいる相手の顔を想像しながら真心を込めて選んであげましょう。きっとその思いは伝わるはずです。



posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのお返し

おじ・おばへの入学祝いのお返し

おじ・おばへの入学祝いのお返し

おじ・おばへの入学祝いのお返しは、頂いて喜んでいる子供とは裏腹に、両親にとってはどうしようかとても考えてしまう問題なのではないでしょうか?

おじ・おば、といってもお父さん(旦那様)の兄弟姉妹と、自分自身の兄弟姉妹がいます。
自分の兄弟姉妹への入学祝のお返しであればさほど深く考える必要もありませんが、義理の兄弟姉妹となると本当の身内のようによっぽど親しい間柄でもなければ、軽く考えることなどできませんよね。

いくら本来入学祝いのお返しはする必要がなく、子供からのお礼の言葉と両親の方からのお礼状くらいでよいとは言ってもやはり、双方でお返しはしないという取り決めや親族間での慣習でもない限り、全く何もしないというわけにはいきませんよね。
しかしどのような物を贈ればよいのかわからないと悩んでいる人も多いことでしょう。参考までに少しご紹介します。

入学祝いのお返しは、相場は「半返し」が一般的とされていますが、あまりこだわらず、頂いたお祝いの半額〜3分の1くらいの金額に相当するものを贈るとよいでしょう。
品物を選んで贈るのも良いですが、最近はカタログギフトが人気があるようです。

カタログギフトであれば相手が自分で好きなものを選ぶことができますし、どういった物が好みかわからずに不必要な物を贈ってしまい、後でお互い嫌な思いをする必要もありません。
カタログギフトにも金額によってランクがありますので、入学祝いを頂いた額、あるいはお互いの関係などを考慮して選びましょう。

カタログギフトにも雑貨全般が掲載されているカタログだけでなく、今は一つの物をテーマにしたカタログなどおもしろいカタログギフトが出ています。相手の欲しいもの、趣味や好みにあわせてカタログを選ぶと良いでしょう。
今は、温泉・酒などのカタログ、人気の高いグルメ商品のカタログ、器のカタログ、生花やアートフラワーのカタログ、DVDやCDや本などエンターテイメントをテーマにしたカタログがあります。

逆に親しい間柄であれば、何が欲しいか直接尋ねてみるのが一番無難だと思います。
どれを選ぶにしても、入学祝いのお返しは感謝の気持ちを込めて、相手の身になって相手が喜ぶような贈り物を選びましょう。

posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのお返し

祖父母への入学祝いのお返しについて

祖父母への入学祝いのお返しについて

「入学祝い」は、そもそも収入のない子供に対して贈られる物ですので、基本的にお返しは必要ありません。子供の方からお礼を言わせ、後ほど親が改めてお礼状を書くという程度でよいのです。

しかしいつもとてもお世話になっていて、子供をかわいがってくれる祖父母にはどうしてもお礼がしたいと、両親も子供自身も思うことがあるかもしれませんね。そういう場合は、ぜひお礼をしましょう。
そうは言っても気持ちとは裏腹に、何をすればよいのかわからないという方も多いかもしれません。
参考までにいくつか喜んでもらえそうな品物をご紹介ます。

変にかしこまった高額な品物よりも子供の感謝の気持ちが詰まった心温まるような品物がよいでしょう。
例えば、子供の元気な姿を現した写真を贈るというのはどうでしょうか?顔を会わせる機会の少ない遠方の祖父母であればとても喜ばれると思います。

しかし写真だけではお礼としては、少し物足りない感じがすると思うなら、ちょっとお洒落なフォトフレームに入れると贈り物らしく感じられますし、見栄えも良いと思います。
最近、流行のアクリル樹脂で作られたフォトフレームはいかがでしょうか。余計な飾りもついてなく、透明フレームなので写真も一層引き立ちます。

またこのフォトフレームを利用して「フォトフレームクロック」という商品も販売されているので、これもオススメです。
これは、透明アクリル製フレーム時計で、写真や雑誌の切り抜きなどを挟みこんで手軽にオリジナルの時計が作れる商品です。
時計を見るたびかわいい子供の姿が見られるので、祖父母もきっと大喜びされることと思います。

入学祝いという本来の意味から考えると、お礼は本当に気持ちだけでよいのですが、何か品物を贈りたいと思うのでしたら、写真など心温まるような、そして本人と両親の気持ちが十分に詰まった贈り物を選ぶといいと思います。
金額で勝負ではなく、中身やアイディアで勝負しましょう。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのお返し

入学祝いのお返しについて

入学祝いのお返しについて

入学祝いを頂くのはとてもうれしいことなのですが、その反面「お祝い返し」について頭を悩ます方は多いのではないでしょうか? 入学祝いというのは、収入のない子供に対して贈られる物ですから、基本的にお返しは必要ありません。 元々「内祝い」というのは、家の中でのお祝い事を、お赤飯やお餅を今までお世話になった方へ配ることによって伝えるという昔からの風習を由来としています。 このように喜びを周りの人々と分かち合うことが本来の目的であって、お祝いを頂いたかどうかなどは関係ありません。 親しい人やお世話になった人に無償で贈るものなのです。 しかしもらいっぱなしではやはり失礼になりますので、子供から直接、または電話や手紙などでお礼の言葉を伝えるようにしましょう。 そしてその後、親からもお礼状を書くようにしましょう。 ただお返しは必要ないといっても、やはり親族間の習慣上であったり、子供と顔見知りではないけれど親同士の関係上であったり、高額の入学祝いを頂いたりした場合はどうしてもお返しを贈らなくてはならないということもあると思います。 そのような場合は、子供の名前で「のし」をつけ、水引きは白赤の蝶結びのものを使用し、表書きは上段が「内祝」、下段は子供の名前にしてお返しをするようにします。。 お祝い返しをきちんとする場合の相場は「半返し」が一般的といわれていますが、あまりこだわらずに頂いたお祝いの半額〜3分の1くらいの金額に相当するものを贈るとよいでしょう。 品物を選んで贈るのも良いですが、最近はカタログギフトが人気があるようです。 人それぞれおかれている立場や環境は違うと思いますので、親族間の慣習、住んでいる地域の風習や頂いた人との関係のことなどもよく考えて慎重に対応しましょう。
posted by pikapika at 00:00 | 入学祝いのお返し
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。